首頁小説の扉掌編・短編集

掌編・短編集

『解放』

不思議なビスクドールの物語。

『禁断の遺跡』

秋川教授は、ある不思議な体験を語るのだった。

『後悔』

黒田と西野の思い出話に潜む真実とは……。

『小屋』

中学生二人が向かった、その家の正体とは……。

『当選』

俺はある同級生に、億万長者に当選したことを伝える。

『呪われた聖域』

神堂は、東条を嫌っていた。そんな神堂は東条に、ある話を持ち掛けるのだった。

『墓荒らし』

木野居由美は、遺跡に出向くのが唯一の趣味である。彼女は、金塊が発見されたという話を聞き、ある遺跡へと向かった。

『破滅』

嫉妬で批評してしまう男の運命。

『不死の国』

不死の国・ネクロニア。不幸な男は、幸せを求め入国しようとする。

『不死身』

足川は、死ぬことに対し恐怖を抱いていた。見兼ねた友人の荒井は、ある話を伝えることに。

『ミイラ作り』

友人の祝井から「僕の秘密を知りたくないか?」と電話を受けた神木。興味を持った神木は、その秘密を聞くため、彼の家に向かった。


■首頁に戻る■

inserted by FC2 system